人気の資格宅建!その取り方について知ろう

不動産業界には欠かせない資格

資格を取るならやはり国家資格!と思っている人もきっと多いですよね。できれば就職に有利になる資格を取得したいと思うでしょう。そんな国家資格の1つに宅建があります。この宅建とは宅地建物取引士のことでありとても人気の資格なのです。不動産関係の取引を行う仕事には必要な資格なのですよ。資格があるとどのような仕事ができるのかというと、不動産を購入したい人に不動産に関わる重要事項を説明したり、売買や賃貸の仲介などがあり不動産に関する知識の豊富さが求められるのです。

宅建の取り方について

ではこの宅建の資格はどのようにして取れるのか気になる人も多いでしょう。宅建建物取引士になるためには、国家資格を受験して受かる必要があり、受かったら試験を受けた都道府県知事の資格登録を受ける必要があるのですよ。登録後、取引士証の交付が必要となります。試験で合格した場合、登録申請まで実は2年の実務経験が必要となっています。しかしすぐに資格として使いたい場合には2年も待てませんよね。その場合実務講習を受けて登録する事ができるのですよ。

独学や通信教育でも勉強できる

宅建の勉強をしたいと思っても現在働いているので通学はできそうにない、という人もきっと多いでしょう。しかし宅建は人気の資格なので多くの通信講座が開設されています。通信講座であれば仕事や育児中の方でも空いた時間で勉強する事ができますよね。独学でも勉強する事ができますが、初めての場合どこから手をつければいいのかわからない場合もあるでしょう。宅建は不動産にとどまらず他の業者でも活躍できる資格です。転職や仕事の幅を広げたい、開業を目指しているという方は取っておきたい資格ですよね。

基礎からしっかりと理解できる宅建の講座を選ぶことで、理解力を高めることができ、スムーズな資格取得に役立ちます。