どうやったら教員になれる!?3つの方法大公開!!

方法1:大学の教職課程を卒業後教員に

1つ目は、大学の教職課程を履修・卒業する方法です。大学に通っている間に採用試験を受験し合格すれば、卒業と同時に教諭として採用されることも可能です。また、この方法だと教諭のキャリアを積んだのちに承認試験を受け、教頭・校長と昇進していくケースも多くみられます。ほどんどが教諭であった人が校長等に昇進するので、将来のプランをよく考えて職に就くのが良いでしょう。またもう一つの道としては、管理職へ進むという選択も可能です。

方法2:大学の教職課程を卒業し再就職として教員に

2つ目は、大学の教職課程を履修・卒業し、その後数年間は民間企業で勤務したのちに教諭として再就職する方法です。この場合は、大学の間に免許状を取得しておく必要があり、民間企業で働きながら採用試験の勉強・受験・合格をする必要があります。このケースでは民間企業で働いた経験を活かして教員となり、のちに昇進試験を受けて教頭へ昇進、その後指導主事などとして、教育委員会で教員を指導する立場に立つようになる人も多いです。

方法3:大学では教職課程を履修せずに教員に

3つ目は、大学では教育課程を履修せずに卒業し、民間企業等に就職しながら教職課程を履修する方法です。働きながら教職課程の履修と免許状の取得、採用試験の受験・合格が必要となってきます。この場合の免許には2つの取得方法があり、科目履修生として大学に在籍するケースと、教職特別課程で履修する方法があります。この方法では、将来的に教頭や校長として昇進するケースは少ないので、自分の将来の目標を考えたうえでこの方法を選択する必要があります。

教員募集をするポイントは教育をしやすいように考え、条件などを決めて効果を出せるように必要な人員を募集することです。